【ブリティッシュヒルズ】パスポートのいらない英国 花男ロケ地 宿泊で英語漬け体験も

こんにチワワ。

子育て中のお母さんたちが子どもの英語教育について、ワイワイしていたので思い出したのですが、我が長女が小学生の時に英語オンリーの宿泊合宿に行ったことがありました。

2泊3日の宿泊で、予想外の結果があったので施設とともに紹介していきます。

 

パスポートのいらない英国:ブリティッシュヒルズ

施設案内|ブリティッシュヒルズ
ブリティッシュヒルズ場内についてご紹介します。7万3,000坪の広大な敷地には、マナーハウス(英国荘園領主の館)や、 それぞれ時代設定の異なる9つのゲストハウスが点在し、 中世英国の「街」の雰囲気を楽しむことができます。

神田外語グループが母体となって経営している施設です。

その売り名のとおりに英語漬けの時間を過ごせる場所です。福島県南部の高原地域にあって中世英国の文化とともに言語を学ぶことができるのです。

日帰りでのテニスやちょっとお茶、いえアフタヌーン・ティーを楽しんだり英国料理のランチをすることもできます。

そして施設内でのこれらのやり取りはすべて英語で行われるのです。これまた大丈夫か?と心配になりますが、大丈夫! 丁寧に話してくれますので

ブリティッシュ・ヒルズHPより引用

標高1,000メートルの高原にあり敷地に近づいていくと、徐々に緑深く町からはまったく違う景色となります。

施設の門の前まで来ると表示されている案内は英字のみです。ちょっとおののいてしまうかもしれません。

福島県の南部にあり新幹線新白河駅から送迎バスで40分のところにあります。自家用車ですと東北自動車道白河ICから一般道で40分です。

ブリティッシュ・ヒルズHPより引用

 

 

ブリティッシュヒルズってどんなところ?

マナーハウス ブリティッシュ・ヒルズHPより引用

12ー18世紀の建物を実際にイギリスから移築した7万3000坪もの大規模施設です。

中世英国の町並み、調度品/家具を配した館内は貴族の栄華を再現しています。

中心となるのはマナーハウスで荘苑領主の館です。

 

メインダイニングでの夕食時は「ドレスコード:平服」です。まるでハリーポッターの世界のようです!

メインダイニング ブリティッシュ・ヒルズHPより引用

 

小学生が参加したプログラム:イングリッシュキャンプ

長女が小学校の6年のときに地元で企画された子どもの人材育成プロジェクトの一環で、「ブリティッシュヒルズ」へ二泊三日の英語研修に行くことになりました。

この研修は市内の全小学校6年生が対象になっていて、各小学校からの参加人数が指定されていました。つまり定員があったのです。

「外国語活動にすすんで取り組み、研修体験を強く希望する児童」という文言で応募を募っていました。

娘は、英会話には興味はなかったようです。例えば学級員をすすんでやるとか目立つことをやりたいタイプでもなく、塾にも行っていませんでした。きっと純粋な興味から転地体験を望んだのだと思います。

それまでに海外の雰囲気や言語に触れる機会もありませんでしたが、子供らしい素直な興味と親しい友人の誘いもあって参加することにしました。

幸い、定員に入ることができました。

現地に行く前から終了後にあった発表などまでの経緯は下のようでした。

 

8月上旬の宿泊に向けて、約3ヶ月前の5月中旬に募集が始まりました。

7月上旬:保護者、児童、引率教師への説明会

7月下旬、8月上旬:児童本人を対象に「プレ・レッスン(事前学習会)」

8月半ば:ブリティッシュ・ヒルズ1泊2日

研修終了後:感想文提出

9月中:各小学校内での感想文の発表と研修成果披露

10月上旬:研修報告発表会でステージ発表、展示

 

ブリティッシュ・ヒルズで英語耳スイッチオン

最終日、娘がバスから降りてきて言いました。

「日本語が英語に聞こえる…」

「へぇーっ」

思ってもみなかった結果に、思わずこう言っていました。

三日間、完全に英語漬けで過ごした娘は耳から英語化?していたのでした。

 

この娘の様子をみた経験からわたしは、会話として英語を身につけるのなら聴くことをより多くすることは重要だと思いました。

娘は小学校の授業以外で英語を学んだこともなく、家庭学習でさせたこともなかったからです。もちろん英語の歌を聞かせていたとか、映画を吹き替え無しで見せていたとかそういうこともありませんでした。

 

耳が良い・そうでもないという、ひとりひとりの個性はあるでしょう。語学でなくても、たとえば音楽などもそうみたいです。聞こえている音と自分の出している音程のズレがわかるかどうか…など。

でも場所や方法は何でもいいので、どんどん英語を浴びるように聞いて会話の中にいることが英語耳を養うということがわかりました。

 

ブリティッシュ・ヒルズはTV・映画ロケにも利用されている

2018年に「花のち晴れ~花男NextSeason」というTVドラマが放送されました。このドラマは2005年に放送された大ヒットドラマ「花より男子」の続編でしたが、嵐の松潤演じる道明寺司の邸宅としてこのブリティッシュ・ヒルズが選ばれているのです。

たしかにねぇ、豪華な雰囲気は大富豪の邸宅としてぴったりですよねぇ。

そして「花晴れ」でもその建物の前で撮影されたシーンがあり、このときはキンプリの平野紫耀君がロケに来たのかぁと嬉しかったです。

嵐キチガイババアとしては、「松潤が来てここでロケしたのかぁ」、「素敵~」と浸る場所でもあるのです。

 

福島県にある、すてきな場所【ブリティッシュ・ヒルズ】を紹介しました。

結婚式などでも利用されているブリティッシュ・ヒルズ、HPもとっても素敵なのでぜひ見てください。

色々な楽しみ方があるので、自然と英語に浸りに来てくださいね。

コメント