部分日食はいつ? 1月6日午前中 太平洋側はチャンス!

こんにチワワ。平成31年も明けて、仕事始めでしたが楽しそうなニュースを聞いたよ。

国立天文台の情報で部分日食があるという情報!さっそく調べてみよう。

国立天文台のHPではとてもわかり易くまとめてありました。画像はすべて国立天文台HPからお借りしました。

 

部分日食はいつ見られるの?

国立天文台のHPの情報によりますと、

今回の部分日食は1月6日の午前中に日本全国で見られるとのことです。

ですが、雲がかかると観測できないので住んでいる地域のお天気をチェックしましょう。

1月4日 18時の時点ではお天気に恵まれる、太平洋側では観測できるとの予想です。

東京での見え方は下のようです。

2019年1月6日 東京における部分日食の見え方

国立天文台HPより

 

どんなふうに見えるの?

部分日食なので太陽の一部がかけて見えるのですが、もしきちんと見えた場合は上がわが欠けて見えるようです。北に行くほど大きく欠けた日食になるようですねー。

 

2019年1月6日 日本各地における部分日食のようす

国立天文台HPより

 

見られる場所は、時間帯は?

 

主な地点での日食予報
地名 食の始め 食の最大 食分(注4) 面積比(注5) 食の終わり
那覇 8時50分15秒 9時39分14秒 0.143 0.062 10時32分58秒
福岡 8時38分37秒 9時47分24秒 0.318 0.200 11時04分41秒
京都 8時40分37秒 9時57分47秒 0.385 0.263 11時23分51秒
東京 8時43分49秒 10時06分01秒 0.421 0.299 11時36分32秒
仙台 8時44分43秒 10時09分42秒 0.469 0.348 11時42分31秒
札幌 8時46分30秒 10時13分26秒 0.539 0.423 11時47分20秒
  • (注4)食分:月によって覆われた太陽の直径の度合い。表に戻る
  • (注5)面積比:月によって覆われた太陽の面積の割合。表に戻る

上記以外の地点の予報は、国立天文台暦計算室の「日食各地予報」をご覧ください。

国立天文台HPより

 

日食を見るときの注意点!絶対やっちゃダメなこと!

日食をいざ見ようとするとき、かならず注意しなくていけません。ふだんあまり意識しませんが、太陽自体を見ることはとても危険なのです。

国立天文台にも注意喚起されていますので、引用します。国立天文台HPより

下記のようなことは、目を痛めますので絶対にやってはいけません。

見た目ではあまりまぶしく感じなくても、光の遮断が不十分なものや目に有害な波長の光を通しやすいものを使うと、網膜を損傷してしまう危険性があります。(写真は、実際には太陽を見ないようにして撮影したものです)

  • 肉眼で直接見る(数秒でも危険)
  • 望遠鏡や双眼鏡を使ってみる (注1)
  • 色つき下敷きやCDを使ってみる (注2)
  • フィルムの切れ端を使ってみる (注3)
  • すすを付けたガラス板を使ってみる
  • サングラスやゴーグルを使ってみる
  • 日食グラスを使って望遠鏡や双眼鏡をのぞく
    (注1) 望遠鏡や双眼鏡は、太陽の光や熱を集めて強くするため、肉眼で太陽を見る以上に危険ですが、専門家によって適切な減光を施された双眼鏡や望遠鏡は、日食観察に用いることができます。
    (注2) 太陽観察に対応した下敷きも販売されています。(注3) 専門家によって、銀塩の白黒フィルムを適切に露光・現像して作られたネガは、日食観察に用いることができます。 

 

安全な観察方法はこれ!

この記事を書いている時点で明後日ということなので、市販の日食メガネを購入する時間はないかもしれません。

でもせっかくなのでなにか方法がないか探してみました。

これもまた国立天文台のHPで紹介されていましたので参考にしてください。

 

ピンホールを利用する

厚紙などに小さな穴を開けたものや、麦わら帽子や木漏れ日のように、細かい隙間があるものの影の中に映った太陽の光が、欠けた太陽の形になります。これは、ピンホールカメラの原理です。太陽を直接見ないので、安全に観察できます。

厚紙を使ったピンホールの例

この写真ですと、2009などの文字の形になっている小さな点、ひとつひとつの形が日食の形になっているのです。

 小さな穴を文字の形になるように開けて、そこに日光を透過させます。日光が穴を通過した光の形を観察するということなのですね。
写真にとっておくと楽しそうです!!

けっして太陽本体を見ないでね!!

 

日食専用のグラスや遮光板を使う

日食専用のグラスや遮光板(以下日食グラス)を正しく使うと、安全に太陽を観察することができます(一般のサングラスなどは、どんなに濃い色のものでも太陽の強い光や熱を通してしまいます)。必ず製品の説明書を読んで使い方を確認してください。また、特に下記のことを守ってください。

  • 日食グラスをしっかりと目に当てて、太陽の光が日食グラスのまわりから目に入ってこないようにする。
  • 顔を太陽の方向に向けている間は、絶対に日食グラスを目から外さない。
  • 日食グラスを使っていても太陽を観察する時間はなるべく短くし、長時間連続した観察をしない。
今回は間に合わないかもしれませんが、次の機会にむけてひとつあってもいいと思います!
以上、天体の不思議を身近に感じられるできごとをささっとまとめました。
わがやではこれから日食メガネを発掘しようと思います。

コメント