【ドラクエ映画化!】親子で見たい!ドラゴンクエストが初の3DCGアニメ映画は8月2日公開

みんなー、あのドラクエが映画になるんだって!

2019年2月14に情報が公開されたよー

おおぉぉ!

あの、ドラクエが! 映画に! 行くでしょ!

あ、興奮してご挨拶が遅れました、こんにチワワ。

ゲーム大好き元女子高生、現嵐大好き助産師てんです。

 

さぁさぁ、どんな情報が公開されたのかまとめますよー。

 

タイトル【ドラゴンクエスト ユア・ストーリー】

タイトルは『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』です。

 

気になる内容ですが、原題に選ばれたのはドラクエV

主人公は男の子、子ども時代から成長し、花嫁を選んで結婚、さらには子どもが生まれてその子どもが魔王を討伐する。なかなか印象深く悩んだ記憶のある壮大な物語でした。

 

私はね、親が寝ている夜中に起きてきて、ひっそり居間でプレイしていたんだよ。

厳しい親だったからねテレビも一台しか無かったしね。

そしたらね、急に石像にされちゃったんだよね。春が来て夏が来て秋になって冬が来て…

また春がきて、夏が……って何年石化なんだよ!!

親父起きてくるかもしれないぃぃ!(((; ゚Д゚) 早く直してぇぇぇ!(((; ゚Д゚)

って焦りまくっていたのが思い出だよ!

最近こどもがPS2(!)でDQVやってたけど、石像シーズンそこまで長く感じなかったよ。

修正されたのかな?

 

ドラクエ映画の公式サイトはこっちです。

 

ドラクエの映画封切りは8月2日

RPGゲーム好きだったババアにはたまりません。もうこのニュースだけで大興奮です。

わたしのRPGデビュー自体がファミコンのドラクエⅢでした。

RPGというジャンル、自身をキャラクターに投影しながらすすむ冒険。わくわくしないわけがありません。

これまでにもマンガで連載されたりTVアニメーションにもなって、その人気は間違いないものでしたよね。

絶対見に行くぞ、夫と息子も一緒に!

 

制作チーム

ドラゴンクエストシリーズのチーフプロデューサーであるスクエアエニックスの市村龍太郎さんが、映画でも担当して制作にあたってこられたとのこと。

 

内容はDQV~天空の花嫁~が原題。1992年発売、スーパーファミコンでした。主人公が作品中で結婚する、しかも結婚相手を二人の候補から選択するという驚きのシナリオでしたね。

 

総監督・脚本を担当は山崎貴監督。山崎監督は『ALWAYS三丁目の夕日』『永遠の0』などのヒット作で知られていますね。

 

そして音楽!すぎやまこういちさんが映画でも!すぎやまミュージックが映画館で聴けるよー。

 

公式サイトでコメント公開中

原作・監修をされている堀井雄二さん、そして山崎貴さん両名のコメントが公式サイトで読めます。

なんと3年半も前からプロジェクトが始動していたんですって。いやー、ワクワクが止まりません。

 

映画の映像は?声優はだれ?

とっても気になる映画の映像ですが、まだ公開されていません。

同じく声優陣も未公開ー。

映像はもう、ぜったい綺麗でしょ。予想の上をいってくれるだろうと勝手に期待しています。

 

声優さんは、誰なのかなぁー。うーん…うーん…。全然予想もできない。

ただアニメ映画でよくあるゲストキャラクターに有名俳優さんを起用するパターンなんですが、あれがどうも演技のせいなのか、違和感が否めないことになるのがやや好きではありませんです。

ただ話題にもなっている、山田孝之さんの存在は気になります。でもどうせならヨシヒコを映画化ってどうでしょう。

配給会社は東宝

配給会社は東宝です。東宝さんのサイトでも公開日のみの情報で、まだ劇場については情報がありませんでした。

今後の発表を期待して待ちましょう。

 

スクゥエアエニックスのニュースページにも情報がありますので、覗いてみてください!

 

夏休みの映画館にはドラクエをそろって楽しむ親子連れの姿が見られそうだと楽しみです。

また情報が公開されたら追記していきます!

今回はここまで!

 

コメント