【G20大阪サミット】国際メディアセンターの畳コーナーにあったクッションが気になる!人をダメにするクッションって?

G20クッション

 

こんにチワワ、国際社会の動向にはぜんぜん敏感じゃないババアのてんです。

2019年6月28日から29日まで大阪で開催された、大阪サミット。

主要高速道路の通行止めや、コインロッカーの閉鎖などの話題でも盛り上がっていました。

 

開催二日目を迎えた6月29日にTVで紹介されていたその様子に目が止まりました。

 

なんと小上がりになった畳スペースがあるのです。さらにそこには大きくてカラフルなクッションがいくつもドーン!とおかれています。

 

そのおっきなクッションに体をもたせかけて、くつろぎまくっている人の姿も紹介されていました。

 

てん
てん

なんだあの、大きなクッションは?

 

大きさとその形状、そしてとりどりの色!とっても素敵。

 

めちゃくちゃ気になって調べてみました。

 

G20大阪サミットに畳・クッションがあるのはなぜ

 

どうやら国際メディアセンターというところに畳スペースが設けられているようです。

神戸新聞さんがツイートされていました。

 

 

一枚目の画像の男性!

なかなかのくつろぎっぷりではないですか!

 

G20の会場自体はインテックス大阪という会場で、なかなかの広さの場所。(昔同人誌の即売会でよく行きましたが、関西では最大規模でしたね)

 

このG20の様子を取材するために世界各国から集まっている記者さん。そんな記者さんたちのためのベースが国際メディアセンターなのです。

時差もある国から訪れている多くの記者さんたちがくつろいで過ごせるように整えられている国際メディアセンター。

 

これらもおもてなしの心を表しているのでしょうか。

来年のオリンピックにむけてのアピールもありそうだと思いました。

 

 

G20大阪サミットで使われているクッションはなんだ

さすがに公式にどこのメーカーのものかは突き止められず。

TVなどの画像から推測してみました。

 

G20大阪サミットで採用されているクッションはどれ

ヨギボー

タグの付いている様子がどうも違うような…このメーカーではない?国外のメーカーということからも採用はされないかなぁと推察しましたがどうだろう。

Twitterではヨギボーでなかろうかとの意見がありました。

 

 

たしかに、ビーズクッションの会社としても有名な商品であることは確かで、その座り心地も間違いなさそう。

 

\とにかく気持ちよさそうなヨギボーはこれ/

 

無印良品

有力候補である無印良品、『体にフィットするソファ』というこの商品は人を「ダメにする」という触れ込みで大人気でした。

どうもこれも形からして違うっぽい。

座り心地は確かに良いです。店頭でためした時、そのまま昼寝したくなりました。

 

E3520NU ビーズクッション 無印良品 体にフィットするソファ MUJI 良品計画 発砲ビーズ デニム 直接引き渡し大歓迎♪家具 即決【中古】

 

人をダメにするクッション(商標登録)

その名が商品登録されている愛知県のメーカー、タキコウさんのハナコロというクッション。

こちらも製品もとっても気持ちよさそうで、欲しくなるー。

 

人をダメにするクッション 〈商標登録〉 ビーズクッション メガポトラ 特大  超 XL ジャンボ ソファ 補充 大きい 一人掛け 座椅子 座布団 日本製 【送料無料】 プレゼント ギフト

 

でも、どうも違うっぽいー。

 

 

G20国際メディアセンターのクッションはどこの?

結局わからなかった!

メーカーさん手を上げて教えてください!!!

 

どれをとっても気持ちよくリラックスできそうで今すぐ欲しくなりました。

世界各国の記者の皆さんも畳とクッションで寛いで、お仕事がはかどるといいな!

 

ではまた。

 

 

 

コメント