2019【会津まつり】9/21~23で藩校行列を『座ってじっくり見たい人』必見!2019年は9/22

 

こんにチワワ。会津で子育てしているてんです。

会津っ子が、一年のうちでもっとも楽しみにしている【会津まつり】が今年も近づいてきました。

 

おまつり二日目、今年は9月22日㈰にある目玉イベントの【藩校行列】は見どころも、人出も最大です。

そんな行列のはじめから終わりまで、じっくりと座って観覧したい方におすすめの方法を紹介します。

綾瀬はるかさんが、2019年も来るよ!

 

会津まつり2019年は9月21、22、23日

 

お祭りに来られる方は、絶対にチェック!忘れるとほんとに損するよ!

 

 

 

会津まつり藩校行列を座って見る方法

実際のポイントで、わたしが毎年落ち着いて見ている方法です。

①午後の行列に狙いを定める

行列は午前と午後にあります。演目などに多少の違いはあります。

ゲストの有名人の衣装は、午前と午後で変わることが多いです。綾瀬はるかさんは毎回、午前午後で衣装替えされています。今年も大河の衣装かな。

 

②朝8時までに場所取りをする

見やすい場所からどんどん埋まっていきます。午前8時をすぎると、最前でも街頭や物陰になってしまう場所しかなくなってきます。できれば8時と言わず、7時台に頑張って早めに行ってみましょう。

 

③行列到着30分前には座って待つ

無事に場所を押さえたらあとは自由時間。

行列の到着する30分前までには、場所に行って待っているのをおすすめします。

行列が来ていなくても、自分の席にたどり着くこと自体が大変になるからです。

見物客がどんどん増えて、座って見る人も4列くらいにはなります。ディズニーランドのパレード並…ですかねw

 

通行人もすごく多いので、行列や演目開始までに席にたどり着けなくなる可能性もあります。

見物中の方の間を通るのは非常に厳しいため、ご注意ください。

 

 

会津まつり藩校行列、おすすめの見物ポイント

場所取りにおすすめの場所は、見え方と日差しに注意が必要です。

まずは何より見え方

 

歩道の広さからと、実際にわたしが毎年しっかりと見ている場所は、『中央通り』です。

最前列が無理でも、片側2車線の道路の中央までは十分に見えますのでおすすめです。

 

そして、中央通りから神明通りでの行列の進行方向は、駅からお城方向にむけてです。*駅からまっすぐお城には行きませんのでご注意ください。

 

ここどうかな?と思う場所から駅の方を見てください。

その時、自分と道路との間に視線を遮るものはないですか?

街頭、街路樹の他に雪国ならではのロードヒータのでっかい機械などがけっこう立っています。

 

「良さそうな場所空いてた」と思ったら、「身を乗り出さないと肝心の行列がよく見えない!」なんてこともあるんです。

さらに「見えません、前に出ないで」と注意を受けたり、他の人の見える場所を遮ってしまう可能性も。

 

意外な影響、日差し

午後のはじめに行列が通る中央通りは、北から南に走っています。

つまり観覧する歩道は東と西に位置します。行列を観覧する頃には、朝のうちに場所取りをしたときとは逆の日照になってきます。

 

行列を待ったり見るあいだじゅう、正面から日に当たることや写真撮影に逆光になることを踏まえて場所を選ぶとさらに快適だと思います。

日よけに傘をさすと後ろの人の妨げになるので、わたしは帽子を被るようにしています。

天候次第でもあるのですが、意外にも最高気温が30度ほどになった年もあってその時は東側に場所取りをしたのを後悔しました。

建物の影になっていい加減の場所もあります。今年は演目をする近くで高層マンションが建築中なので、その向かいが狙い目かなぁなんて思ってもいます。

 

会津まつり藩校行列を座ってみるポイントまとめ

  • 午後の行列を見る
  • 朝8時までに場所取りする
  • 行列開始30分前には着席
  • 見えやすい場所か確認

 

以上、疲れないでゆっくりじっくり藩校行列をみるためのポイントでした!

楽しいお祭りになりますように!!

コメント