【ヒルナンデス】お掃除便利グッズ商品 2019/09/19便利グッズ相談室で紹介されたよ! 

今日2019年9月19日のヒルナンデスで紹介された、お掃除グッズをまとめて紹介します!

 

秋におすすめのお掃除

 

シンクの水あか:GNフルーツミックス酸スプレー 498円(税抜)

激落ちくんで有名な会社から今年7月に発売されたばかりの新商品なんですって。

クエン酸、リンゴ酸、酒石酸という主成分が水垢をスッキリしてくれます!

スプレーして布で拭きとるだけという、お手軽さ!

 

さらに手軽にシートタイプもありますよ!気づいたときにさっと使えて便利ですね。

 

水あか防止:シンク用コーティング剤1380円(税抜)

ハウスクリーニングプロの御用達商品で、シンクをフッ素でコーティングするもの。

created by Rinker
¥1,384 (2019/11/13 07:33:12時点 楽天市場調べ-詳細)

一度使うと3年も効果が持続するというこの商品(メーカー)。

使い方は

  1. クリーナでシンクを磨く
  2. 20分乾燥させた後に、ティッシュで拭き取り一旦洗い流す。
  3. コーティング剤でシンクを拭き上げる。
  4. 3時間以上乾燥させて完成。

その効果は、撥水性が加わって蛇口の水がまるで吸い込まれるように排水口へ。感激ものの水はけです。

水垢がつきにくくなるので、結果的に綺麗なまま維持できるんですね!

3年とは言わずとも1年でもこれが続けば嬉しいですね。

created by Rinker
¥1,384 (2019/11/13 07:33:12時点 楽天市場調べ-詳細)

ガスレンジの焦げ:茂木和哉コゲ落とし908円(税抜)

ガスコンロ、グリル、五徳のコゲ落としです。

このメーカーの商品は番組で何度も商品が紹介されていて、効果も折り紙付き。

使い方は、食品用のラップを丸めてそれにコゲ落としをつけ磨いていくだけです!

付け足しながら磨いていくと、きれーいになりました!

電子レンジの中の汚れをほうっておくと、使っているときに汚れもいっしょに温めてしまうので電気代が無駄になるんですって!

 

電子レンジの中:ピカッと!電子レンジスチームクリーナー908円(税抜)

富士山の形をした可愛い商品で、電子レンジの中をきれいにしましょう。

使い方は

  1. 水100ccとお酢70ccを入れてから5~8分加熱します。
  2. そのまま3分放置。
  3. スポンジで庫内をこすれば終了。

 

電子レンジの中の汚れをそのままにして使っていると、汚れもいっしょに温めてしまうので電気代が余計にかかってるんですって。

もう汚れ溜まってきちゃったな…。

 

窓そうじ:ちょこっとひと拭き窓ワイパー598円(税抜)

水拭きとから拭きを同時にできるコンパクトな商品です。

ひと手間で窓掃除ができてしまうのは、うれしいー!

子どもでも使えていたので、楽しくお手伝いするにも良さそうです。きょうだいがいたら、きっと取り合いになりそうです。

 

サッシの溝:サッシふっきふき 598円(税抜)

水で濡らしてからサッシをはさんで拭くだけの便利グッズ-!

お掃除道具ってどうしても『そのポイント専用』のグッズなので買うのを迷いますが、それだけにやっぱり効果が高い。

実際にこじるりちゃんも「力がいらない」って言ってました。さすがに専用グッズなだけあります。楽ちんなのですよね。

サッシふっきふきAZ143

 

TV画面の汚れ:ミルフィーユファイバークロス 980円(税抜)

マイクロファイバークロスの間にさらにスポンジを挟み込んだこの商品、汚れと水分を同時にキャッチして拭き跡も残さない超すぐれものです!

手垢などの油分も水分もしっかりと拭き取れていました。

 

 

 

壁の汚れ:クロスパッチ転写タイプ  600円(税抜)

壁の汚れを消すのではなくて、上から薄いシートを転写して隠すという商品です。

壁紙の汚れを消すために壁紙の材質と洗剤を調べたり、試しているよりも、ずっと早くて手軽にできる!

 

壁のクロスの表面はツルツルではなくて、すこしザラザラした質感がありますよね。

この商品はとても薄いので、壁紙に使ってもその質感になじんでしまうのです。

だから貼っても目立ちにくい!この特徴はポイント高いです。

 

 

 

ヒルナンデス便利グッズ相談室2019/09/19まとめ

2019年9月19日放送されたお掃除グッズ、秋のこれからの季節にささっと使えそうな商品でした。

真冬にする大掃除よりも、気持ちのいいこの時期に少しずつやるのもとてもいいですね。

 

てん
てん

わたしはサッシ拭きとシンクのコーティングをやってもらおうと思います…。

 

では!また。

 

 

コメント