【会津若松市の保育園・幼稚園の無償化の詳細】いつから?2人目はどうなる?

子育て中や妊娠中の働く人々にとって保育園・幼稚園の利用料は

とても気がかりなことですよね。

その保育園・認定子ども園の無償化については政府、厚生労働省が

少子化対策として以前から掲げていましたが、はっきりしない状況が続いていました。

それが平成30年12月28日の閣議で決定されました。

とてもややこしくて、

まだこれから準備が進む段階ですが、現状で分かる事をまとめていきます。

さらに今後は、会津若松市在住の方むけの情報も入れていきたいと思います。

 

無償化はいつから?何歳から?

対象年齢は満3歳から5歳が対象です。

無償化は平成31年(2019年)の10月からの実施を目指すことが決定されました。

消費税率10%への引き上げと合わせて実施されることになります。

 

保育園では年度初めの4月までにこの年齢になっている子どもたちです。

幼稚園では満3歳になったお誕生日からということです。

 

無償化はきょうだいもうけられる?

対象となるのは満3歳から5歳の子なので、その範囲の子供に対しての政策です。

この年齢であれば無償ですが、きょうだいであっても0歳から2歳の子は無償化の対象ではありません。

ただし住民税非課税の世帯では、0歳から2歳までの認可保育園の利用料も無償化されます。

 

きょうだいがいる場合第2子は半額、第3子は無料などの独自の支援を行っている自治体もあり

第1子が無償化された場合どうなるのかは気になります。

 

無償化は誰でも受けられる?

幼稚園、認可保育園、認定子ども園、企業保育所などの利用料が世帯の所得にかかわらず無償化されます。

私立幼稚園では、月額上限を2万5700円に補助がされるようになります。

また幼稚園での預かり保育や認可外保育所では上限があり、3万7000円までで補助がされるようになります。

 

給食費・バス費は無償化対象ではない

現状で昼食費は幼稚園は実費で、認可保育園は主食が実費になっています。

わたしも3歳以上のクラスではご飯だけをお弁当箱に詰めて持っていっています。

認可保育園において保育料と一緒に納めている昼食のおかず分の費用ですが、

保育料の無償化に合わせて実費での負担になるようです。

通園のバス費用も対象外です。

 

10月からの入所希望者が増える?

実際にこのタイミングで仕事を始めようと思う人は増えそうだなと思います。

そしてこれから新たに入園に向けて準備をしようとする皆さんは、ますます気が揉めそうです。

実際に自治体が動くのはまだこれからですので、最新の情報をチェックするようにしましょう。

https://www8.cao.go.jp/shoushi/shinseido/outline/pdf/free_ed/houshin.pdf

 

会津若松市、保育園・幼稚園2人目、3人目の保育料は?

会津若松市においての動向は当然ですがまだ未定です。

平成30年12月の現状

多子世帯への支援があり、

小学校3年生までのきょうだいがいる場合にその子を仮に1番目として2番目の子は半額3番目の子は無料となっています。

これも十分助けになっています。本当にありがたいことです。

保育所・認定こども園等の利用者負担額(保育料)及び諸費用 | 会津若松市

 

その他感想

個人的な感想ですが、夫婦フルタイムで働いて3歳以上と2歳以下を預けていたころの利用料は決して安くはなかったです。今回の無償化は所得に関係なくというのは一つのポイントです。

家計への負担は減ってその分、子どもたちへ還元されると嬉しい。フルタイムで働いていながらなぜか暮らしは楽ではないという今の日本が、子どもたちも親も笑顔で過ごせることが増えるといい。本当にそう思う。

また新しい情報が出たら更新しますね!

 

コメント