小さな女の子が婦人科に行くとき

小さな子はふだんから 何だかんだと

病院に行く機会がありますね。

通常15歳までの病気やけがは、小児科でみてもらいます。

でも、女の子の場合 婦人科で診察する事もあるのです。

 

それってどんな時?何だか心配なんだけど?

これまでは病院へ行くことも少なかったけど、女の子がいるし気になる。

という方へ3人の娘をもつ現職看護師(&助産師)として両方の視線で紹介していこうと思います。

 

どんな場合に婦人科に行く必要があるのか

陰部のケガ

いきなりですが、珍しくないのがケガです。

陰部をぶつけたりすることが多いです。

自転車で転んで、ふざけて、きょうだいケンカして…。

などなど原因は本当にさまざまです。

 

その中でも ひどく腫れてくるような打撲や出血するような傷がある場合、トイレに支障が出たりします。

だいじな所ですので、

本人がつらそうでなくても 傷ができていたり腫れている場合は受診してください。

場所が場所だけに 傷がひどくなってしまうことがあるからです。

 

異物が入った、入れてしまった

「えっそんなことが?」ということがあるのが小さい子ですが…。

鼻や耳…穴という穴に興味があるのですよね。

ですが、まさか大事なところになにか入ってる??

どうしてそんなことになるのか…きっと保護者も混乱してしまうかもしれません。

 

だいたいかゆみが出てきたり
小さい子でもおりものが増えてきたりします。

こういう場合、やはり婦人科のほうが診察しやすいと言えます。

 

本人も気にしているかもしれませんが、保護者さんも落ち着いて受信してください。

 

女性臓器の問題

純粋に病気が疑われる、経過をよく見たほうがいい場合。

小児科と協力して診察されます。

 

いつ受診すればいいのか

トイレに行けない、おしっこができないというときはなるべく早く受診してください。

痛みが続いているというときも受診しましょう。

 

傷ができたときどうする?

①傷ができたり出血しているときは

できそうなら、ぬるま湯でそっとよごれを落としてください。

拭くときは そっとおさえて水分を取ります。

それから清潔な下着と 清潔なナプキンかガーゼをあてます。

すぐに受診できないときは 状態をよくみてください。

 

②異物が入っているようだ
同じものがその場にある場合は、病院へ持参してください。

体の中に入っていると分かっていても無理にとろうとすると、傷になったりすることもあります。

おちついて病院に向かって下さい。

 

まとめ

こまごま書いてきましたが、

  • 女の子が大事なところにけがをしてしまった
  • トイレで用が足せない
  • 腫れて痛がっている

こんなとき まずは小児科受診で大丈夫です。

 

おそらく小児科のほうが近くにあってすぐにかかれるでしょう。

場合によっては小児科から婦人科へ紹介されることもあります。

なるべく早くよくなるよう先生と相談してください。

 

まとめ

おうちでは 痛みがあるときやつらそうなときは
なるべくおちつくように声をかけてあげてください。
腫れに対して冷やすこともありますが、嫌がるときはしません。

 

なるべくなら 病院にいくような状況にならないことを願うのですが
もしもアクシデントがあった時に、よりよい対応ができるよう役に立てるとうれしいです。

コメント