ポケモンが福島県とコラボ! ふくしま応援ポケモンは「ラッキー」 ポケモンGOとコラボも?

こんにチワワ。ポケモン誕生当時の「ポケモンいえるかな」をカラオケで歌っていたてんです。

全部歌えましたよー。 ええ、当時も立派な成人でしたよ!えへん。

 

ポケモンが福島県という自治体とコラボレーションしたというニュースを聞いて、気になったのでまとめてみました。

 

ポケットモンスター、ちぢめて『ポケモン』

知らない人は国内にはいないのではないかと思うほど、知名度を獲得している「ポケモン」。

海外でもそもそものゲームとともに、「ポケモンGO」が人気です。

 

ポケモンって1996年発売当初は151種類だったんです。「ゲームボーイ」という携帯ゲーム機のはしりのソフトで、20年以上もその人気を誇ってるのですね。

 

ぺがさす
ぺがさす

当時はゲーム画面もモノクロだったんだって♬

てん
てん

ゲームボーイ自体が縦型でごつかったよね。

ぺがさす
ぺがさす

本当に知ってるんだ…

 

現在までにポケモンは続編が出るとともに次々と増えていき、現在はなんと809種類にもなっているんですって!

 

今回ふくしま応援ポケモンに就任した『ラッキー』は、一番始めからいるポケモンなのです。

丸くて桃色のかわいさとは裏腹に、なかなか”ゲット”しづらいポケモンだったようです。

(わたしは当時、弟と一緒にプレイし始めましたが続かず、ラッキーには巡り合っていないと思います。)

 

ラッキーが「ふくしま応援ポケモン」に選ばれたわけ

『ラッキー』は幸運を運ぶと言われているポケモンなのです。ポケモンNo.は113。

生息数が少なくてなかなか、遭遇できないからです。ちなみに性別は♀となっています。

 

かたや、福島県はキャッチコピー「福がいっぱい福の島」とうたっていて、この「福」とのコラボレーションが生まれたというわけです。

 

福島県のHPはラッキーだらけ!

2019年2月18日公式の発表がなされたのですが、さっそく当の福島県のHPへ行ってみますと…。

とってもピンク!です。公式サイトリンクもかわいい。

 

 

福島県とポケモンのコラボでどんな楽しいことがあるの?

公式に発表に合わせて、2019年2月18日の午後に福島駅前でのイベントが催されました。


福島県のHPには『ラッキーとは?』『イベント』『コラボ商品』『まち歩き謎解き企画』のページが用意されています。

 

『イベント』『コラボ商品』については、まだ中身が公開されていません。食や観光を盛り上げてくれるとのことなので、こらからに期待です。

 

『まち歩き謎解き企画』ページでは、『コードF-9』について紹介されています。

この『コードF-9』は”リアル宝探し”企画で福島県内では9年目になり毎年の恒例イベントになってきたと思います。『コードF』のFはFUKUSHIMAのF、9は9回目といことです。

小中学校などでこのイベントの冊子を配布するので、県内の10代の子はきっとしっていると思いす。

このイベントはきっとポケモンGOとうまくつなげてるんじゃないかなーと下世話なババアは推測しています。

 

SNSでの反応は上々

Twitterで追ってみましたら、なかなか歓迎されていました。

ラッキーというポケモンもとってもぴったりに思えてきて、イベントや観光などでこれから活躍してくれるに違いないと期待が高まります。

 

福島県は県の面積が国内第三位の広さなのです。広さと地形の特徴から、一日ですべてを回ることなど到底できません。県を「川」の文字のように縦に3つに分けて気象予報が出されるのです。

それだけ特徴もちがう各地方ですので、訪問してくれる皆さんにはぜひじっくりと福島県を楽しんでいただきたいです。

 

真面目にしめちゃったけど、また楽しそうなイベントなどがあったら紹介しますね!!

コメント