【ラジオのある暮らし】がオススメ&好きな理由 スマホでもラジオがきける

こんにチワワ。

普段ラジオを聴くことがある人は、いらっしゃいますか?

FMラジオが職場で流れているというところもあるようですね。

多くの人はそもそもラジオを聞く事はあまりないのかぁと思っています。

じゃあどうしてこの記事を書いているかというと

わたし自身ラジオが好きだからです!

今は、そのなかでもNHKラジオ、しかもほぼAMしか聞かないのですが、

少し紹介していきます。

https://i1.wp.com/www.nhk.or.jp/radiosp/kodomoqmagazine//images/bnr_internet.png?w=1238

 

ラジオがおすすめのそのわけ

ラジオをおすすめしたいその理由はこの2つです。

★ラジオはBGMのようにきける!

★生で番組とやりとりができる!

病気療養中や産後の方、読書やTVにも飽きた、

目をやすませたいなというときに、案外おすすめです。

 

 ラジオをどうやって聴くか

そんな楽しいラジオを聴く方法をあらためて紹介します。

①ラジオ(受信機)を使う

②アプリをスマホに入れる

③車で聴く

●一般的にラジオって呼んでいますが、装置そのものは受信機といいます。

まず、ラジオ(受信機)が家にあるよっていう方はどれくらいいらっしゃるのかな?

AMとFMのラジオだけが聴けるものだと2,000円くらいで買えます。

防水になっていてお風呂で聴けるものもあります。

 

●でもスマホにラジオアプリを入れるのが一番早いですね。

AMラジオのアプリは何種類もありますが、らじるらじるとラジコを紹介します。どちらもAM、FMが聴けます。

①らじるらじる:NHK専用アプリ

②ラジコ:民放、NHK両方聴けるアプリ

アプリを入れればすぐに聴けます。

●車で聴く カーオーディオがついていてラジオが聴ける場合です。

 

ラジオ好きになったわけ

わたしの実家ではいつもラジオがかかっていました。

流れていました、が正しいですかね。母がラジオ好きだったのかな。

 

ラジオはいつも、決まった時間に天気予報や音楽交通情報などが流れたりします。

また長寿番組が多いのも特徴的です。

 

わたしが小学生から中学校までの間変わらない朝の番組で、だいたいの時間を把握していました。

「そろそろ家を出なきゃ遅れる」ってな具合いです。

 

大人になってみると、家事をするときにラジオはちょうどよかったです。

ラジオは聴きながらほかのことができます。

好きな番組もできて、ときどきメールしたりしていました。

すぐに読んでもらえることもあるし、生放送で自分のラジオネームを

読んでもらえるとドキドキします。

 

きわめつきは、そのころ大好きだった番組で出産当日に私のメールを紹介してもらえたことです。

10年以上も前、初めての出産を終えてお気に入りの番組で「おめでとうございます。」と言ってもらえたのです。

ほんとうにうれしくて、今でもそのときの気持ちを思い出せるほどです。

あのアナウンサーさん、もう退職されたのですが寂しかったなぁ。

 

 ラジオの楽しみ

ちょっとひかれるかもしれませんが、

わたしはアナウンサーさんのお話や声が好きなんですねぇ。

NHKテレビでニュースを読んでいた方が、ベテランになってくるとTVからラジオに移られるようで、以前テレビでよく見聞きしていた方もちらほら。

声で「あっ、あのアナウンサーさんだ」とその方の顔がうかぶと感慨深くなったりします。

 

自分が若いときよくお見かけした方だと余計にそうで…ちょっとおかしいですね。

ラジオ暦の長さのせいかな。

 

さすがにアナウンサーをされている方が番組を持つので、普段は聴けないようなリラックスした雰囲気や笑い声が聴けるのも魅力です。

 

たまにニュースをFMで聞くと、音質がいいのに驚きます。

音楽番組を多く提供しているだけあって、聴きなれているはずのアナウンサーさんの声がかなり違って聞こえるので驚きます。

 

まとめ

在宅ワークをされている方や、主婦・主夫のみなさん

そのほかいつもは音楽を聴いたりテレビをつけているみなさん

一度ラジオ聴いてみてください。

 

できれば何日か続けて聴いてみる事をお勧めします。番組の流れが分かるとまた楽しみが増える…と思います。

以上、ラジオの話でした。

コメント