子ども【腕の骨折】 縫わない!かわいい!手ぬぐいで『三角巾の代用』作り方。白い三角巾が汚れてイヤな時に

こんにチワワ。 ワタシ、骨はとても丈夫なオカンのてんです。

 

高校生の頃、自転車で出会い頭に軽トラックとぶつかった時も、小学生で友人と組体操ごっこをしていて肩車から落下した時も、ヒビの一本も入ったことのない丈夫なワタシです。

そんなワタシなのに、生まれてきた子どもたちはなぜか次々に腕を骨折しています。なんでだろう。

 

そんなことはさておき、子どもの骨折はいつも突然おこります。

 

腕の骨折に欠かせない三角巾ですが、子どもに三角巾を使うとき「すぐに汚れる」「大きすぎる」「結び目が痛くなる」などの困りごとがあります。

 

何度も子どもの骨折を経験して感じたことから今回は、5歳から8歳くらいの子どもに使える三角巾の代わりになるものを作って紹介しようと思います。

 

 

この記事で紹介する方法は、骨折した子どもとの経験をもとにわたしが考案したものです。病院・医師の指導を受けたものではないことを明記します。

三角巾の目的は、受傷部位の保持と腕の運動制限からくる肩などへの負担の軽減ととらえています。

三角巾の不便・イヤなところ

さて腕の骨折には欠かせない三角巾なのですが、木綿の白い布です。

子どもに三角巾を使う場面で困ってしまったポイントなのですが

 

  • サイズが選べない
  • すぐに汚れる
  • ひと目見て骨折したと思われる…そうなんですけどね。
  • ときめかない…案外重要。

 

そもそも大人が使うサイズというか規格が同じものしかない。

大判の布を折って使うということから、子どもに合うはずもなし。結び目で調整して使うしかありません。

 

で、その三角巾の代わりに手ぬぐいで作ったものの良いところ。
  • 手軽に洗濯できる
  • サイズ調整は結び方次第
  • 柄が選べる
  • 素材が選べる

とにかく手軽に用意できることは良いと思います。

 

材料は百均でそろう

まず手ぬぐいを二枚用意します。

手ぬぐいやさんで買わなくても大丈夫です。もしお家に手ぬぐいがあればそれでも良いです。

 

布の厚さや材質、価格からして非常に手軽に扱えるので、百均の手ぬぐいを準備します。

 

身長95cmくらいであれば、まだ一枚の手ぬぐいでも腕をつることが出来ます。

 

今回は115cmの子ども用に二枚の手ぬぐいを使ってみました。

 

 

三角巾の代わり:手ぬぐい二枚で

縫わずに作る方法

ミシンを出すのが面倒だったのもあり、まず縫わないでできるかどうか?

手ぬぐい二枚を用意します。今回はお店で本人が選びました。

 

①手ぬぐいを二枚、横長に並べる。

②並べた二枚の端同士を結ぶ。写真を参考にしてください。

 

 

③出来上がり。

手ぬぐいの結び目はギプスの真下にならないように装着します。

 

 

縫ってつくる方法

いよいよ縫ってみます。手縫いでも全く問題ないです。

 

①手ぬぐいを二枚、横長に並べる。

 

②短い方の端を合わせて縫う。

こんな風に一直線に縫います

 

③出来上がり。

 

手ぬぐいで作った三角巾の代わり:実際の使用写真

 

 

前から見たところ

これは二枚の手ぬぐいの色違いを縫って作りました。ですので、後ろ姿のリボンのいろが違っていて作ったワタシのお気に入りになりました。

 

★片リボン結びにすると、手ぬぐいなのにとっても素敵になりました! ただ普通のちょうちょ結び・リボン結びには、長さが足りないです。

三角巾と違って布幅が均等なので結び目が当たる首の痛みも少ないようです。

 

★肘から手先までがちょうど幅に収まりました。幅を調節しなくてもすぐに付けられるようになりました。

 

木綿は以外に暑い

 

最近暑くなってきて、子どもも汗をよくかいています。

作り方の項目で紹介した木綿の手ぬぐいのあとに、ポリエステル100%の布でも作ってみました。

これはもう、縫わずに作る(結んだだけの)方法で使っています。

 

ギプスが透けています。

 

 

ポリエステルの布には水を吸うという機能はないで、風通しを優先して作ってみました。

見た目にもスケスケで夏な感じw まさにシースルーです。

生地の伸びはほとんどありませんが、柔らかくて使いやすいです。

これも色違いを二枚組み合わせてみましたー。

 

涼しい素材はインテリア売り場で

この素材は手ぬぐいではありません。カフェカーテンやミニカーテンの売り場で見つけました。

手ぬぐいとサイズに大きな違いはないので、心配しないでください。もちろん二枚で大丈夫です。

 

seriaで見つけたカフェカーテン

 

実は同じ素材・同じ柄の3段ボックス用カーテンがあったのですが、柄の見え方を考えてこっちのカフェカーテンをチョイスしました。

カフェカーテンなのでポールを通す部分がありますが、柔らかい素材なので無視して使えました。

 

使い方:縫わない方法

縫ってもいいと思いますが、生地の目が詰まっていない上に薄いので「おそらく縫いづらい…。」はず。というわけで、ワタシは縫いませんでした。

手ぬぐい三角巾の感想・使用感

 

ギプスをしている本人の感想は、なんと

ぺがさす
こども

ポリエステルのほうが涼しい

でした…。

 

てん
てん

えっそうなの?そんなに違うもの?

ぺがさす
こども

うん。てぬぐいのは暑いからヤダ~♪

とまで言われる始末…。

 

正直、ギプスしている本人にしかその感覚はわからないので、やっぱり作ってみてよかったです。

 

「すぐに汚れる」「大きすぎる」「結び目が痛くなる」などの、難点を克服?できました。

 

ギプスをする季節・時候は、その生活に大きく影響します。

長袖を着なければならない時期には、服の調節も必要ですし上着も前で止めて着るしかありません。

 

そんないくつもの不自由さはある療養生活ですが、なにかしら楽しみもあると気持ちも違うはずと思うオカンでした。

 

以上ここまでです。ありがとうございました。

 

\シャワーに必要なギプスカバーも100均で作れるよ/

 

コメント